三芳町議会議員 本名洋の「かけある記」

日独戦後教育の違い

火曜日の「議会だよりについての意見交換会」を終え、ようやく一段落した感じです。
意見交換会では、皆さんから様々なご意見をいただきました。
私の感想としては、「議会だよりが読み手の立場に立っていない」ということでしょうか。

議会と住民を結ぶ重要なツールであるのに、伝わっていないということです。
編集する委員の意識として義務的なものになりがち、つまり伝えることよりも作ることが優先してしまっていると感じます。

また作る側として言えることは、どうしても前例踏襲になりがち。委員会で編集しているので委員全員の了解の基で作っているのであまり奇抜なことはできない、いきなりの路線変更が難しいとも言えます。
多くの皆さんに読んでいただける議会だよりにするために、これからも尽力していきます。

DSC_2053.jpg



この日の午後は、原発ゼロをめざすふじみ野市民の会主催で、芸人記者おしどりマコ・ケンさんの「福島原発の今を語る」トークライブがありました。
私が初めてお二人のお話を聞いたのは原発事故の翌年2012年でしたが、当時から比べると相当レベルアップしたという印象です。当時は芸人の域を出ていなかった印象ですが、今や学術論文を書けるレベルの知識で驚かされました。

最後のほうで毎年ドイツの団体から招待を受け、ドイツの学校を回っているというお話がありました。
相手は15,16歳の学生。全員が質問の手を上げる。福島原発のことを(事故が起きたのは彼ら彼女らが8.9歳の頃)相当専門的なことも本当によく知っている。
ドイツにも多くの日本企業駐在員のお子さんがいるが、その子たちはペーパーテストは良くできるのに成績が悪い。どうしてと先生に親御さんが文句を言うと、「お宅のお子さんは教室で意見を言わないから」と言われるそうです。

よくドイツと日本の戦争責任の取り方が比較されます。ドイツはそれとしっかり向き合ってきました。
ドイツで独裁者ヒットラーを生み出したのは民主主義というルールの上で合法的な政権奪取でした。ドイツ国民は民主主義の選挙で選んだことを悔いて、自分の頭でしっかり考え意見を言うことを教育の場で実践してきたそうです。

日本も今、主権者教育と言っていますが、先生が全く政治的なことを言えない。ドイツでは様々な意見があることを紹介し、自分はどう考えるか自分で判断する。だからこの15.16歳の子どもたちが皆、自分の支持政党を持っているそうです。
麻生大臣の「新聞を読まなければ自民党支持になる」などと言う馬鹿な発言は本当に笑いものですね。

DSC_2052.jpg

ブログランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ



にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://honnahiroshi.blog.fc2.com/tb.php/1108-46ee49ed

プロフィール

本名 洋

Author:本名 洋
本名 洋(ほんな ひろし)です
埼玉県入間郡三芳町
三芳九条の会・前事務局長
原発さよならデモ@埼玉
東京空襲犠牲者遺族会
みよしグリーンサポート隊

日本共産党三芳町議会議員
2011年の福島原発事故以来、脱原発運動に参加して来ました。毎週金曜日、官邸周辺の脱原発抗議行動、埼玉県内延べ31ヶ所で行ってきた原発さよならデモ@埼玉。他にも反TPP、護憲・平和運動等に携わってきました。
地元三芳町でも、九条の会、原発はいらない富士見市の会で活動するとともに、みよしグリーンサポート隊の一員として雑木林保全活動にも取り組んできました。

地方からも脱原発派議員を!
社会的強者が勝ち誇る社会ではなく、社会的弱者が安心して暮らせる社会が健全な社会だと思います。社会の底辺まで光の当たる政治、一人一人の声が届く政治を目指します。

メール honna_hiroshi@yahoo.co.jp

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いらっしゃいませ

ランキング

ブログランキングに参加中です。 よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ


にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR