fc2ブログ

三芳町議会議員 本名洋の「かけある記」

中学校の部活動の地域移行に不安の声


        共産党がアンケートを行っています。

 国は公立中学校の部活動を2023年度から2025年度にかけて、土日の部活動を学校から地域に移行させる方針を出しています。しかし様々な課題の整理がなされないまま期限のみが示され自治体にほとんど丸投げの状態です。関係者からは不安や懸念の声が多く上がっています。
 この件は私も一般質問で取り上げ、また地域移行に対する国の支援を求める意見書も私の提案で採択されています。
 地域に移行させようにもその受け皿が無い、あるいは未整備(場所や団体、指導者など)。指導料の発生などにより保護者の負担が生じる。けがなど事故の発生や大会への引率における責任の所在など様々な課題があります。
 またここにおいてGIGAスクール構想の際もそうでしたが、経産省が深く関わっているということです。つまりスポーツ企業などにとっての巨大市場であるという考え方です。この点は「部活の民営化」であるという指摘もあります。
 確かに部活動は今や学校の先生にとって大きな負担になっています。部活動の顧問をやりたいという先生がいる一方で専門外なのに仕方なく顧問になっている場合も少なくありません。休日出勤もしなくてはなりません。先生の負担軽減は理解できますが、あまりに拙速です。しかも子どもたちが置いてきぼりの議論です。
 部活動は学習指導要領に示された学校教育の一環です。ただの習い事になって良いのでしょうか。企業の儲けの道具にしてはいけません。部活動に参加したい生徒の権利が保障されなければなりません。貧困家庭の子が参加できないようなことになってはいけません。まずもって当事者の意見が聞かれるべきです。

日本共産党は部活動の地域移行について中学生、それと保護者からの意見を募っています(締め切り1月30日)。

img20230118_11014032.jpg
img20230118_11083676.jpg





ブログランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ



にほんブログ村

二十歳は117万人 止まらない少子化

卯年生まれの人口は、十二支の中で10番目に多い997万人。新成人人口は341万人で、うち18歳は112万人、19歳は113万人、 20歳は117万人となっているそうです(2023年1月1日現在)。

2022年の出生数は初めて80万人を割り込み77.1万人程度になるとのこと。
少子化に歯止めがかからないどころか減少が加速しているのが実態です。

岸田政権は異次元の少子化対策と言っていますが、出産一時金の増額だとか子育て世帯への給付とか、その場しのぎの政策で、いわば穴の開いている水槽に一生懸命上から水を注いでいるようなものです。
二世三世のぼんぼんばかりの自民党の政治家には子育ての大変さが分からないのでしょうね。

うちは子ども2人。
本当はもう1人欲しかったが将来のことを考え諦めました。
高すぎる学費。実際2人に掛けていた学資保険は焼け石に水。
仕事の量を増やしたが全く追い付かず、教育ローンを借り、尚且つ子どもたち自身にも奨学金と言う名の借金を背負わせてしまいました。
それでも我々の頃は正社員が当たり前でしたが、今や夫婦で非正規なんて普通になってしまいました。これでは子どもも産めませんし、それ以前に結婚もできません。
少子化対策なんて本当に簡単です。
新自由主義政策を改めることです。
このままではお金は一か所(富裕層や大企業)に集まり、低所得層や最近は中間層も細ってきましたがこれがますます進行するばかりです。
同一賃金同一労働。
8時間働けば普通に暮らせる社会にすること。
義務教育は完全に無償化にし、高等教育も無償化もしくはそれに近づけることです。

お金に不安なく子どもを産み育てられることとそのための労働環境と労働条件を整備すること。
軍事費を2倍にするお金があるなら教育に回すことです。
このままではどこかの国に攻められるどころか自滅です。

先進国で最も教育にお金を掛けない国。
先進国で唯一実質賃金が下がり続ける国。
今の前の総理も「自助、共助、公助」と言っていましたが順番が逆です。全て自己責任として個人に責任を押し付ける国。
これでは子どもを産みたくても産めませんし、産む気になりません。

昨日は三芳町の二十歳の集いが開かれました。
20歳の皆さん、おめでとうございます。

一昨日は3年ぶりに入間東部地区消防本部新春出初式が開かれました。

IMG_2023010900002.jpg
IMG_2023010800024.jpg
IMG_2023010800013.jpg






ブログランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ



にほんブログ村

只今茅葺屋根の葺き替え中

上富にある旧島田家住宅は屋根の葺き替えを行っているため臨時休館中です。
1月15日には葺き替え体験ができるようです(要申込)。

IMG_2023010400002.jpg
IMG_2023010400003.jpg



さて昨年の消防の出動件数です(三芳町・ふじみ野市・富士見市)。
令和4年中の災害件数(暫定値)

火 災 39件 (前年比−19)
救 急 14,970件 (前年比+2,884)
救 助 265件 (前年比−10)
その他 1,560件 (前年比+201)

年の瀬12月30日に消防から火事の連絡メールが入ったので駆け付けました。
幸い火事ではなかったのですが、鍋を火に掛けたのを忘れてしまったのか、焦げて煙が出たようです。
単身高齢世帯も増えたので気を付けねばなりません。

以前も書きましたが、三芳町では住宅用火災警報器の購入に対し上限1万円で半額補助を行っています。
※法律で設置が義務化されていますが、法施行以前の住宅はまだ設置されていない家屋が多くあります。対象はそのような住宅です。

高齢者宅などは消防署の方で取り付けていただけます。

火災、災害については平穏な1年であることを願います。





ブログランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ



にほんブログ村

八ッ場ダムは今

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

元旦は実家で酒、お雑煮、おせち料理でゆっくり過ごしました。

2日は青春18きっぷで「乗り鉄」を楽しみながら、JR吾妻線の川原湯温泉駅で下車し、八ッ場ダムを見学してきました。
民主党政権時代、「コンクリートから人へ」と、無駄な公共事業からの転換を掲げ、八ッ場ダムはその象徴的存在でした。

総事業費5320億円はダム建設史上最高額になりました。
首都圏の都県も事業費を負担しますが、埼玉県はその中で最高額の658億円になります。
これは水道料金にも跳ね返ってきます。
八ツ場ダムが稼働して以降、水道事業に減価償却費や維持管理費で埼玉県は毎年23億円の支払い増が生じていると思われます。
埼玉県より県内市町村へ水道用水が供給されますが、県としても現在値上げの方向が示されています。
三芳町の水道も地下水と、県からの供給も受けているので影響ががあるでしょう。

問題は多額の事業費もそうですが、地域の生活が破壊されてしまったことです。
公共事業に関わる多くの住民運動がそうであるように、当初は反対派が多数であっても金の力で反対派が引き抜かれ、また長い間の運動は反対派も疲弊して行き条件闘争化するなど結局事業が進められてしまうことはよくあることです。

ここ川原湯温泉は吾妻渓谷の中にある温泉であったものがダム建設により全て水没してしまいました。
新たにダム湖畔に新しい温泉が掘られたものの旧温泉街の風情は無く、元の温泉と成分も違うそうです。
住民の多くもここから去って行ってしまいました。

昨秋に訪れた福島県双葉町の雰囲気と似たものを感じました。

DSC_0044 - コピー

DSC_0016 - コピー

DSC_0038 - コピー

八ッ場大橋の上流にも橋が架けられています。
DSC_0003 - コピー

年末年始はお休みということでダムサイト、ダム資料館までは行けませんでした。
DSC_0027 - コピー

移転住民の住宅?
DSC_0043 - コピー

象徴的な碑です。
DSC_0021 - コピー

駅舎、駅前は立派。
DSC_0059 - コピー
DSC_0054 - コピー

ダム湖畔の道路歩道の雪面には多くの動物の足跡。
DSC_0055 - コピー

ええ! これは熊では?!
DSC_0057 - コピー





ブログランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ



にほんブログ村

暮れ行く2022年

今年一年ありがとうございました。

どんどん政治が劣化していきますね。
閣僚の辞任が止まりません。
民主主義の形骸化も止まりません。
安倍政権下で安保法制(戦争法)などの憲法違反の法律が次々に通され、
遂には憲法すら改悪されようとしています。

いやいや、今岸田政権がやっていることは、憲法すら無視して、国会の議論も行わず、国民に問うことも無しに、閣議決定だけでこの国の在り方が次々に決められています。
専守防衛。日本は決して他国に脅威を与えるような武力は持たない。自衛のための最小限の実力部隊が自衛隊であったはずです。
先制攻撃すら可能にする「敵地攻撃能力」の保有は、戦後の日本の防衛の在り方を根幹から覆すものです。
しかも既に集団的自衛権の行使を認めてしまっているのです。
仮に、北朝鮮がアメリカに大陸間弾道ミサイルを発射しようとしている。
(いくら北朝鮮でもアメリカを攻撃しようなんて馬鹿なことはしないでしょうが)
それを察知し、アメリカの同盟国である日本が北朝鮮を攻撃する。
当然、北朝鮮も日本に向け反撃する。
日本海側にズラリ並んだ原発にミサイルを1本打ち込めばこれで日本はthe endです。

これは極端な例としても、いったいどうやって相手がこちらを攻撃すると判定できるのだろう?
例えどんな理由があろうと、こちらから攻撃を仕掛けたら、国際法で違法であるこちら側の先制攻撃になるでしょう。
ミサイルを100発撃てば、相手だって100発撃ってきますよ。

相手との信頼構築よりも、相手を脅すところから始まる。異常と言うしかありません。
しかしこれに抗えないマスコミ。
報道の自由度ランキングでは日本は下がり続け、最新版では71位。
日本の下にあるのは、アフリカや中東諸国、中国、北朝鮮。


とにかく場当たり的。全てにおいて。
ウクライナが攻められた。だから日本も武力を強化する。
少子化だから不妊治療や出産一時金の増加。
子ども1人に100万円で地方移住。

子どもを産むことも結婚することもできない社会にし、東京一極集中を促し、地方を衰退させておいて一時しのぎの場当たり的な政策。
新自由主義からの転換がなされなければ日本は衰退していくばかりです。

来年はもう少し明るい希望が見える年にしたいです。

IMG_2022123100008.jpg

お昼は一足早い年越しそば
IMG_2022123100002.jpg






ブログランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ



にほんブログ村
次のページ>

プロフィール

本名 洋

Author:本名 洋
本名 洋(ほんな ひろし)です
埼玉県入間郡三芳町
三芳九条の会・前事務局長
原発さよならデモ@埼玉
東京空襲犠牲者遺族会
みよしグリーンサポート隊

日本共産党三芳町議会議員
2011年の福島原発事故以来、脱原発運動に参加して来ました。毎週金曜日、官邸周辺の脱原発抗議行動、埼玉県内延べ31ヶ所で行ってきた原発さよならデモ@埼玉。他にも反TPP、護憲・平和運動等に携わってきました。

2015年4月、三芳町議選初当選。
高齢者、子ども、LGBT、障害者…、社会的に弱い人々の視線で活動してきました。
誰もが安心して暮らせる町づくりを!一人一人が大切にされる社会を目指しています。

メール honna_hiroshi@yahoo.co.jp

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いらっしゃいませ

ランキング

ブログランキングに参加中です。 よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ


にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR